『世代さまざま』

Les Ages

台本/ジャン=ルイ・フュズリエ
音楽/アンドレ・カンプラ
ジャンル/オペラ=バレ
初演/1718年

解説

このオペラ=バレエは1718年10月9日に王立音楽アカデミーで初演された。その時には、プロローグと3つのアントレの構成であったが、1719年に台本が出版された際には、通常のオペラ=バレエが4つのアントレが普通であったことから、もう一つアントレ(「ライバルの世代」)を増やしたと「緒言」でことわっている。フュズリエは「緒言」でこのオペラ=バレエは喜劇であり、喜劇も音楽と調和することが可能だということを示そうとしたのだと説明している。確かに様々な世代の恋愛が書かれているが、『優雅なヨーロッパ』などの恋愛のように深刻なものはここにはない。

プロローグ

舞台は、青春の女神エベの庭園。エベが従者たちに喜びへの感謝を示すように促す。しかし喜びを敵視する時の神がやってきて、素晴らしい日々を邪魔してやるようにと従者に促す。エベの従者たちがダンスで青春の軽やかさを描くと、それを時の神の従者たちが中断するようなダンスを踊る。その度にエベの従者たちは苦痛から喜びへと変わるダンスを踊る。そこへヴェニュスとバッキュスがやってきて、愛と酒の素晴らしさを歌う。

第一アントレ:青春または無邪気な愛

舞台は縁日。レアンドルは若い女性のフロリーズを愛しているが、なかなか近づく機会がない。そこでレアンドルは、フロリーズの気持ちを知るために、彼女の女家庭教師アルテミーズに変装して、フロリーズに近づこうとする。
レアンドルと彼の従僕のゼルバンの近くにフロリーズとアルテミーズが来たので、二人は物陰に隠れて、二人の話を聞くことにする。アルテミーズは家庭教師としてフロリーズに、恋愛禁止を言い渡す。仮面を被ったゼルバンがアルテミーズを誘い出して、楽しませている間に、変装したレアンドルがフロリーズのところに戻り、恋愛を勧める。フロリーズは家庭教師の言うことが変わったことに驚くが、喜ぶ。彼女はレアンドルを愛していると打ち明ける。レアンドルは変装を捨てて、自分がレアンドルだと姿を見せる。そこへ本物のアルテミーズが戻ってきて、レアンドルがフロリーズの手に接吻しているのを見て、激怒するが、最後には二人の恋愛を認める。仮面を被った人々が登場して、最後は仮面舞踏会になる。

第二アントレ:成年またはコケットな愛

舞台はシャンパーニュ地方の城の近く。若くて、コケットな未亡人のリュサンドには、エラストという快楽主義者と彼の友人のダモン、さらにクレオンという徴税官から愛されている。
旅をしてきたダモンは、このあたりに住んでいる魅力的な女性に恋してしまった、できることなら結婚を申し込みたいとエラストに打ち明ける。ダモンはリュサンドを見て、彼女が自分を虜にした女性だと分かる。だがエラストは自分ひとりがリュサンドから愛されいると思っているので、これを聞いて憤然とする。ダモンはこの近くの村にいる知り合いに会いに来たのだと偽る。リュサンドはエラストがワインを飲み過ぎると心配するが、二人の言い争いは、徴税官のクレオンがリュサンドのために準備した祝祭の前奏曲で中断される。その話を聞いて、エラストは不安になるが、それがリュサンドを喜ばせる。クレオンがやってきて祝祭が始まる。

第三アントレ:ライバルの世代

舞台はハンブルク港。フランス人の海軍将校のクレアンドルは今日リュシルと結婚をして、パリに連れて帰る予定になっている。しかしリュシルの妹のセリームもクレアンドルを激しく愛しており、結婚式には出席しないと言う。それを聞いた二人の叔母のプラシード(じつは彼女もクレアンドルを愛している)が、セリームと手を組んで、リュシルを浮気者に仕立て上げて、クレアンドルと引き離そうとする。しかし二人の策略は失敗して、クレアンドルとリュシルは船に乗ってパリに出発する。

第四アントレ:老年または演じられた愛

舞台は、パドヴァ近くの庭園で、ギャラントな祝祭の準備がされている。ヴェネチア貴族のファビオは、娘のシルヴァニールをフランスの田舎貴族で老人のアルガンと結婚させようとしている。しかしシルヴァニールはポーランド貴族のヴァレールを愛している。
この結婚を望まないシルヴァニールは、父がアルガンを招待している祝宴の場で、男性貴族の服装をしてアルガンの前に出て、自分はシルヴァニールと愛を近い合っている仲だと言って、アルガンにライバルがいると思わせる。そこへ何も知らないヴァレールが来て、アルガンを見つけて、決闘しようとする。シルヴァニールがヴァレールを止めに入り、ヴァレールはシルヴァニールだと分かる。そこへファビオがやってきて、祝宴の準備ができたと知らせるが、アルガンは二人もライバルがいると言って、帰ってしまう。シルヴァニールが事情を説明すると、ファビオは二人を許し、結婚に同意する。

最初に戻る
年表に戻る
INDEXに戻る

inserted by FC2 system