神話人物名対照表


フランス名ギリシャ名ラテン名日本名・解説
ジュピテル
Jupiter
ゼウス
Zeus
ユピテル
Jupiter
最高神であり、その雷霆で紛糾した事態に決着をつけることが多い.多情にして変身の名手.気に入った女神やニンフを見つけると、姿を変えて自分のものにする.その結果、ジュピテルの子が神話にはたくさん登場する.→『イジス』
ジュノン
Junon
ヘラ
Hera
ユノー
Juno
ジュピテルの姉で正妻.結婚を司る女神.嫉妬深い女神で、ジュピテルの浮気に手を焼き、浮気相手を痛めつけるために、孔雀に曳かせた車に乗って登場することが多い.→『カドミュスとエルミオーヌ』『イジス』
ネプチューヌ
Neptune
ポセイドン
Poseidon
ネプトゥヌス
Neptunus
海の神.ジュピテルの兄.三叉の矛をもっている.
プリュトン
Pluton
ハデス
Hades
プルト
Pluto
海と水を司る冥界(地獄)の王で,ジュピテルの兄.海のニンフのネレイデスやトリトンたち(男の人魚でほら貝を吹く)を従え、地獄の門にケルベロスという番犬を置いている.セレスの娘プロセルピーヌを誘拐して妻にした.→『プロセルピーヌ』
セレス
Cérès
デメテルDemeterケレス
Ceres
ジュピテルの姉で,豊穣の女神.娘のプロセルピーヌをプリュトンに誘拐された.『プロセルピーヌ』
プロセルピーヌ
Proserpine
ペルセポネ
Persephone
プロセルピナ
Proserpina
ジュピテルとセレスの娘で、冥界の王プリュトンにさらわれて妻となり、冥界の女王となった.彼女が愛したのはヴェニュスに頼まれて養育したアドニスだけであった.『プロセルピーヌ』
ヴェスタ
Vesta
ヘスティアHestiaウェスタ
Vesta
ジュピテルの姉で,火と竈を司る女神.
ミネルヴ
Minerve
アテナAthenaミネルウァ
Minerva
知恵と織物を司る戦いの女神.ジュピテルと女神メティスの娘.パラス・アテナあるいは単にパラスと呼ばれることもある.
アポロン
Apollon
アポロン
Apollon
アポロ
Apollo
太陽神,美術、音楽、詩歌の神で竪琴と弓の名手でもある.ジュピテルとレトの子で,ディアーヌ(アルテミス)の双子の弟.頭に月桂冠をつけている.太陽そのものを意味する神ヘリオスは別の神.
ディアーヌ
Diane
アルテミス
Artemis
ディアナ
Diana
狩猟の女神で,純潔を守る処女神.ジュピテルとレトの娘で,アポロンの双子の姉.弟のアポロンが太陽を象徴とするのに対して、ディアーヌは月を象徴とする.多情なヴェニュス(アプロディテ)とは対立関係にある.
ヴェニュス
Vénus
アプロディテ
Aphrodite
ウェヌス
Venus
愛と美の女神.クロノス(大地女神ガイアとウラノスの末っ子)によって切り取られて海に落ちたウラノス(天空神)の男根から出た精液が波の泡と混じってできたというヘシオドスの神話は有名.
マルス
Mars
アレス
Ares
マルス
Mars
ジュピテルとジュノンの息子で,軍神.
メルキュール
Mercure
ヘルメス
Hermes
メルクリウス
Mercurius
ジュピテルとマイアの子で、リラの考案者で、策略と行動力に富み、旅行者、商人、盗人の守護神.二匹の蛇がからんだ杖を持っている.ジュピテルのメッセンジャー・ボーイをすることが多い.ペルセのメドウサ征伐ではペルセの手引きをしている.→『ペルセ』
アムール
Amour
エロス
Eros
アモールAmorヴェニュスの子で、愛の神キューピッド.弓矢を射て,誰にでも恋心を芽生えさせることができる.フランス・オペラでは美しい若者として描かれる.また幼児の姿をした子分たちが登場することもある.有翼だが、弓と矢をもっているので、何も持たない天使と区別できる.
バッキュス
Bacchus
ディオニュソス
Dionysos
バックス
Bacchus
ジュピテルとセメレ(セレネ)の子で,酒の神.
ヴュルカン
Vulcain
ヘパイストス
Hephaistos
ウルカヌス
Vulcanus
ジュピテルとジュノンの子で,火と鍛冶の神.ヴェニュスの夫.
フォーヌFaune
シルヴァンSylvain
パン
Pan
ファウヌスFaunus
シルウァヌスSylvanus
森の神で、上半身は人間、下半身は山羊、角と蹄の足をもつ.アルカディアでは羊飼いの庇護者として、パストラルに出てくることが多い.シルウァヌスもパンと同一視される.
ベレロフォン
Bellérophon
ベレロポン
Bellerophon
ベレロフォン
Bellerophon
ネプチューンの子で,天馬ペガサスに乗って飛翔し、怪物キマイラを退治した.→『ベレロフォン』
アシル
Achille
アキレウス
Achilleus
アキレス
Achilles
ギリシャ最大の英雄の一人.母親の女神テティスがわが子を不死身にしようとしてステュクス河の水に浸したとき、彼女が握っていた踵だけが唯一の弱点となったという話は有名.フランス・オペラではトロイア戦争でアガメムノンの娘イフィジェニーの許婚という設定になっている.→『オーリドのイフィジェニー』
イフィジェニー
Iphigénie
イピゲネイア
Iphigeneia
イフィゲニア
Iphigenia
ミュケナイ国王アガメムノンとクリュタイムネストラの長女で、エレクトラとオレステスの姉。トロイア戦争に際して無風状態でアウリスから出港できないギリシャ軍のために生贄となる.→『オーリドのイフィジェニー』
アルシードAlcide
エルキュールHercule
アルケイデスAlkeides
ヘラクレスHerakles
アルシデスAlcides
ヘルクレスHercules
ギリシャ神話最大の英雄.ジュピテルとアルクメネ(ペルセの孫)の子.勇気と力の象徴とされる.二つの名前をもつのは、ジュノンに発狂させられ、実の子どもたちを殺したたことを悔い、神託にしたがって名前を変えたため.夫の生贄となって死んだアルセストを取り戻しに冥界下りをする.→『アルセスト』リュディアの女王オンファル(オムパレ)の奴隷として奉公する.→『オンファル』
ジャゾン
Jason
イアソン
Iason
イアソン
Iason
金羊毛皮探求に出かける50人のアルゴナウタイのリーダー.この金羊毛皮をもつアイエテス王の娘メデ(メディア)に助けられて手に入れる.メデを妻として帰国するが、王位継承のために王を釜ゆでにしたため追放される.コリントスに逃れたところからシャルパンティエの『メデ』は始まる.→『メデ』
メデ
Médée
メデイア
Medeia
メデア
Medea
コルキス国王アイエテスの娘で、魔女.魔女キルケの姪にあたる.金羊毛皮を求めてやってきたジャゾンに夢中になり、彼のために尽くして数々の恐ろしい罪を犯したが、コリントスに二人で逃れたときにはジャゾンに捨てられ、アテナイに逃げたときには、アイゲウス王と結婚するが、王の息子テゼ(テセウス)が戻ってきたので、殺そうとして失敗し、追放される.→リュリ『テゼ』シャルパンティエ『メデ』
テゼ
Thésée
テセウス
Theseus
テセウス
Theseus
アッティカの最も偉大な英雄.アテナイ王エジェ(アイゲウス)とアイトラの息子だが、祖父に育てられ、様々な試練を経た後、父のもとに着く。父王エジェはメデの言いなりになっており、メデに毒殺されかかるが、父が子の証として残していた剣のおかげで、息子だと認められ、助かる.→『テゼ』
フェードル
Phèdre
パイドラ
Phaidora
パエドラ
Phaedora
クレタ王ミノスとパシパエの娘で、テゼ(テセウス)に嫁ぐが、彼とアマゾネスのアンティオペとの息子イポリト(ヒッポリュトス)を激しく愛し、拒否されると、イポリトに言い寄られたと嘘をつき、イポリトが非業の死を遂げると、良心の呵責と絶望感から自ら命を絶った.→『イポリトとアリシ』
ミューズ
Muses
ムーサイ
Musai
ムーサ
Musa
ジュピテルと記憶の女神ムネモシュケとの娘である9人姉妹の女神たち.叙事詩を象徴するカリオペ、歴史のクレイオ、哀歌のエラト、音楽のエウテルペ、悲劇のメルポメネ、叙情詩のポリュムニア、喜劇のタレイア、踊りのテルプシコラ、天文学で惑星の調和のウラニア.
シャリト
Charites
カリテス
Charites
グラティアエ
Gratiae
アグライア、エウプロシュネ、タレイアの三美神の総称.
パルク
Parques
モイライ
Moires
パルカエ
Parcae
運命を司る三人姉妹の女神、運命の三女神.彼女たちは運命を左右するのではなく、見守るだけ.だが運命はジュピテルをはじめとして、人も神も逆らうことができない.
ゴルゴーヌ
Gorgone
ゴルゴン
Gorgon
ゴルゴン
Gorgon
ステンノ、エリュアレ、メドゥサのゴルゴン三姉妹で、東部には蛇の髪の毛がはえ、その顔を見た者は石に変えられてしまう話は有名.ペルセがメドゥサの首を切り落とすと、そこから天馬ペガサスが飛び出した.→『ペルセ』
サチール
Satyres
サチュロス
Satyros
サチルス
Satyrus
サチュロスもパンと似て、上半身は人間で、下半身は山羊の自然の精である.酒、踊り、音楽を愛し、田園の祝祭の場面にしばしば登場する.
ナンフ
Nymphes
ニュムパイ
Nymphai
ニンファエ
Nymphae
ガイアまたはジュピテルの娘たちで、自然界の生殖力が擬人化された、若い娘の姿をしたニンフ.海に棲むネレイデス、河に棲むナイアデス、森に棲むハマドリュアデス、ナラの木に棲むドリュアデス、山に棲むオレイアデス、谷に棲むナパイアイ、田園に棲むアルセイデスなどがいる.

参考文献ルネ・マルタン監修『図説ギリシャ・ローマ神話文化事典』(原書房)
楠見千鶴子『ビジュアル版ギリシャ神話物語』(講談社)

最初に戻る

神話と伝説に戻る

INDEXに戻る

inserted by FC2 system